実録ウーバーイーツ体験談

【実録ウーバーイーツ体験談】祝500件配達!時給換算してみたら2,000円いっていた!

UberEATSでの500件の道のり

ウーバーを始めてから22週、約半年で500件の配達を達成しました。

始めは1日ごとの配達記録を残していこうと思っていたのですが、やはり1日単位では難しい。

お金は週単位で振り込まれて明細が残るので、500件をちょうど良い機会に、週単位で集計してみることにしました(横にスライドする表になっています)。

週の最後売上ピークブーストプロモーション手数料手取り週の配達日数配達件数累計配達件数オンライン時間時給換算
12019/09/02¥8,804¥3,081¥5,723113135:08:00¥1,115
22019/09/09¥18,222¥7,378¥10,8442253810:47:00¥1,006
32019/09/16¥13,505¥5,727¥7,778218569:06:00¥855
42019/09/23¥13,601¥5,760¥7,8413207611:50:00¥663
52019/09/30¥16,263¥5,692¥10,57122410010:23:00¥1,018
62019/10/07¥15,285¥278¥17,400¥5,350¥27,61322412410:23:00¥2,659
72019/10/14¥8,923¥891¥800¥3,123¥7,4912131376:53:00¥1,088
82019/10/21¥8,566¥721¥1,280¥2,998¥7,5691131507:36:00¥996
92019/11/04¥8,888¥535¥1,000¥3,111¥7,3121121625:58:00¥1,225
102019/11/11¥15,689¥852¥3,540¥5,491¥14,5902231858:45:00¥1,667
112019/11/18¥13,407¥759¥800¥4,692¥10,2742192047:01:00¥1,464
122019/11/25¥21,310¥1,302¥1,700¥7,458¥16,85432923310:39:00¥1,583
132019/12/02¥15,177¥3,180¥5,312¥13,0452202539:03:00¥1,441
142019/12/09¥11,733¥1,178¥1,700¥1,173¥13,4382252789:03:00¥1,485
152019/12/16¥13,876¥1,150¥1,382¥3,285¥1,388¥18,30532830611:39:00¥1,571
162019/12/23¥19,814¥1,500¥905¥4,075¥1,981¥24,31354034614:33:00¥1,671
172019/12/30¥13,054¥1,050¥1,089¥2,290¥1,305¥16,17822737310:34:00¥1,531
182020/01/06¥17,960¥1,900¥1,400¥3,875¥1,796¥23,33943540814:38:00¥1,595
192020/01/13¥4,952¥900¥822¥320¥495¥6,499194174:18:00¥1,511
202020/01/20¥22,016¥3,150¥1,188¥6,510¥2,211¥30,65354446116:50:00¥1,821
212020/01/27¥9,000¥1,400¥1,295¥2,690¥900¥13,4852204816:43:00¥2,008
222020/02/03¥16,216¥725¥611¥3,470¥1,622¥19,40053451512:33¥1,546

表の具体的な分析はこのあとやってます。

100万円稼ぐという目標はまだ続いていますから、目標金額も載せておきます。

半年で30万ほど稼ぎました。

目標100万円まであと

686,885

UberEATSでの約半年間どのくらい働いた?

  • 22週間の配達件数:515件
  • 週平均稼働日数:2.45日
  • 週平均オンライン時間:9時間44分
  • 22週間の手取額:313,115円
  • 週平均手取額:14,233円
  • 時給換算額の平均:1,433円
  • 22週間の配達エリア:品川区、大田区 → 千代田区、港区、新宿区、台東区、文京区(現在は都心部)

半年間で固まったUberEATSで働くスタンス

スタンス1 リクエストの需要が多いエリアだけで働く

200件くらいまでは、土地勘のある品川区・大田区(城南エリア)を中心に配達をしていました。

現在は千代田区(神田・九段あたり)を中心にしています。

両者を比べてみると、明らかに都心の方がリクエストが多く入る実感があります。

そこで、そもそも需要が多い場所で稼働することにしています。

ドライバーによってはエリアを決めずに風任せで移動している人もいるようです。

私はよくわかっているエリアだけで安心して働きたい。

そのため、働くエリアを決めています。

スタンス2 効率を考えて働く

ダラダラはやりたくありません。

メリハリをつけて稼働するようにしています。

(しかも、飽きっぽいので)

そこで、1日中専業で働くのではなく、自身のスキマ時間を配達リクエストが入る時間に合わせて、その時間だけで配達するようにしています。

つまり、本業でやらなければいけないことは、お昼や夕方の時間を外して終わらせるようにして、その時間は短時間ですがウーバーに集中するというやり方です。

「効率重視!」を追求したら、以下のスタイルになりました。

日曜祝日はできるだけ配達する

休みの日は「ウーバー頼んでみよう!」という注文が多く入るので、配達リクエストが途切れずに入ってきます。

配達リクエストが途切れなければ効率的に配達できます。

そこで日曜・祝日は大抵稼働するようにしています。

また、土日のピークの時間帯はブーストが適用されるので(単価が1.1から1.2倍になる)、ここで稼がない手はありません。

(クリックで拡大)

ブーストの適用状況から見ても、東京であればどこでも良いわけではなく、都心部であれば効率が良いというのがわかります。

画像を見てもわかるとおり、都心部では1.2倍になることは結構あります。

逆に、当初稼働していた城南エリア(品川・大田区)で1.2倍はほとんど見たことがありません。

(そういうのもあって、配達エリアを移動したんです)

このブーストは事前に提示されるのですが、過去の需要からAIが予測しているようです。

お昼は11時から14時までの3時間、夜は17時からの2〜3時間

効率を重視するなら、需要が高まる時間に働くことが欠かせません。

そこで、

  • 昼:11時から14時までの3時間
  • 夕:17時から19から20時までの2から3時間

で稼働しています。

ブーストがない平日で働く場合もこの時間帯はリクエストが途切れないので効率的に稼げます。

2019年12月から始まった「ピーク」タイムでのインセンティブはほぼこの時間帯で発生します。

オレンジのエリアで配達を完了すると、別途「ピーク」料金が払われるという仕組みです。

このオレンジは刻々と変わりますが、やはり都心部では面積が大きくなってその時間も長く続く傾向があります。

(クリックで拡大)

真ん中に「¥125」と出ていますが、この金額が追加で払われるものです。

金額は状況によって、200円以上になることもあるので、あなどれません。

スタンス3 気分次第でやめたくなったらやめる

ウーバーの良いところは、誰にも強制されないところ。

なので、疲れたなとか、気分が乗らないなと思ったらやめます。

稼ぎはその分減りますが、お金と同じく自由度も大事なので、血まなこになってやるつもりはありません。

スタンス4 雨の日はやらない

寒いし、冷たいし、危ないからです。

一度かっぱを着てやったことがありますが、結局は1件1件に時間がかかり、件数をサバけないので効率が悪くてやめました。

スタンス5 現金払いは受付しない

これまでのアルバイト経験で現金払いによる配達を経験したことがありますが、これはやりたくありません。

お釣りを用意する必要があり、当然のことながら小銭が必要です。

万札で支払う人が続くと両替が必要になります。

ウーバーではない、昔の仕事の経験ですが、「細かいのありませんか?」とお願いしたら、「商売やっているくせるに釣りも出せないのか!」と怒鳴られたことがあります。

また、現金を扱うとどうしても最後の精算が合わなくなることがあります。

1日の最後に小銭と札を集計したら1万円足りず、どこかで無くしたなんて経験もしたことがあります。

ですので、カードで決済・食事だけ渡せば良いシステムが最強だと思っています。

半年間でレストランとお客様からどう評価された?

(クリックで拡大)

直近100件で88件のグッドを頂いています。

別に評価しなくても良いので、敢えて評価していただいた方が全体の9割あるのは嬉しいです。

これは直近100件ですが、500件やってきたなかで常に85件以上のグッドは確保してきました。

そして、逆に、

500件やった中でもバッドは1回だけ。(1回でもショックでしたが・・)

思い当たるのは、お店がなかなか見つからず、しかも5キロの道のりでお待たせしてしまったことが原因と思われます。

自転車で5キロは想像を絶する遠さ。

500件やった中でも最長距離でした。

一方で、

レストランの評価はなかなか上がりません。

お店側で評価自体している暇が無いからだと思います。

最高は17件までグッドがあったのですが、11件が現在です。

500件の道のりで何があった?

ここからは、500件・半年間の道のりから学んだことを冒頭の表を細かく分析してお伝えします。

あなたがウーバーイーツの配達に興味があるなら参考になると思います。

登録したエリア以外で配達するとブースト・クエストが無い!

週の最後売上ピークブーストプロモーション手数料手取り週の配達日数配達件数累計配達件数オンライン時間時給換算
12019/09/02¥8,804¥3,081¥5,723113135:08:00¥1,115
22019/09/09¥18,222¥7,378¥10,8442253810:47:00¥1,006
32019/09/16¥13,505¥5,727¥7,778218569:06:00¥855
42019/09/23¥13,601¥5,760¥7,8413207611:50:00¥663
52019/09/30¥16,263¥5,692¥10,57122410010:23:00¥1,018
62019/10/07¥15,285¥278¥17,400¥5,350¥27,61322412410:23:00¥2,659

2019年9月からウーバー開始。

4週目までは配達用バッグの保証金1000円が毎回控除されるので手数料が高めです。

時給換算すると600円台とかあり得ません。

この時期はブースト(単価が1.1倍とかになる)とか、プロモーション(クエスト:15件配達すると1500円追加でくれるとか)は適用がありません。

なぜなら、私は自宅近くの横浜のセンターで登録したのに、実際は東京エリアで配達していたからです。

登録と違うエリアで配達すると損しますので注意してください。

6週から東京エリアに切り替える手続きをしてようやくブーストの適用を受けています。

ちなみに、6週にプロモーションが17,000円もありますが、これは登録から30日内に100件配達するとインセンティブがあるとのことで、必死になって配達した結果です。

やはり都心エリアは需要が違う!

週の最後売上ピークブーストプロモーション手数料手取り週の配達日数配達件数累計配達件数オンライン時間時給換算
72019/10/14¥8,923¥891¥800¥3,123¥7,4912131376:53:00¥1,088
82019/10/21¥8,566¥721¥1,280¥2,998¥7,5691131507:36:00¥996
92019/11/04¥8,888¥535¥1,000¥3,111¥7,3121121625:58:00¥1,225
102019/11/11¥15,689¥852¥3,540¥5,491¥14,5902231858:45:00¥1,667
112019/11/18¥13,407¥759¥800¥4,692¥10,2742192047:01:00¥1,464
122019/11/25¥21,310¥1,302¥1,700¥7,458¥16,85432923310:39:00¥1,583
132019/12/02¥15,177¥3,180¥5,312¥13,0452202539:03:00¥1,441

9週から現在の都心エリア(千代田区等)に移動しました。

以降は時給換算すると、1,500円はいっている感じです。

8週までの城南エリア(品川・大田区)での稼働は日曜でも1時間以上配達リクエストが入らないことがあり、待ち時間が長かった印象です。

逆にエリアを変えたら、「ちっともリクエストが入らないから本でも読もう」なんてことはなくなりました。

都心部の需要は明らかに違う感じです。

2019年12月からのルール変更でより稼げるようになった

週の最後売上ピークブーストプロモーション手数料手取り週の配達日数配達件数累計配達件数オンライン時間時給換算
142019/12/09¥11,733¥1,178¥1,700¥1,173¥13,4382252789:03:00¥1,485
152019/12/16¥13,876¥1,150¥1,382¥3,285¥1,388¥18,30532830611:39:00¥1,571
162019/12/23¥19,814¥1,500¥905¥4,075¥1,981¥24,31354034614:33:00¥1,671
172019/12/30¥13,054¥1,050¥1,089¥2,290¥1,305¥16,17822737310:34:00¥1,531
182020/01/06¥17,960¥1,900¥1,400¥3,875¥1,796¥23,33943540814:38:00¥1,595
192020/01/13¥4,952¥900¥822¥320¥495¥6,499194174:18:00¥1,511
202020/01/20¥22,016¥3,150¥1,188¥6,510¥2,211¥30,65354446116:50:00¥1,821
212020/01/27¥9,000¥1,400¥1,295¥2,690¥900¥13,4852204816:43:00¥2,008
222020/02/03¥16,216¥725¥611¥3,470¥1,622¥19,40053451512:33:00¥1,546

2019年12月から売上の計算ルールが変わりました。

大きな違いは距離による加算が少なくなったということ。

確かに、変更当初は「こんなに漕いだのにこれだけ?」と感じたものです。

ただ、

逆に、「ピーク料金」のシステムが新しく動き出し(オレンジの膜が表示されるアレです)、需要が多い時には報酬を厚くするというウーバー側の方針が明確になりました。

私の配達スタイルからすると、むしろこのルール変更のお陰でより稼げるようになった気がします。

実際に、時給換算すると2000円を超える週(21週)もあったりして、いかに効率を考えるかが重要です。

逆に、専業で働いている人は厳しいのではないでしょうか。

ブーストもピーク料金も適用もがない日や時間帯は今までよりも売上単価が低いので「くたびれ儲け」状態になり得るかと。

あくまで、配達パートナーは個人事業主であって、労働者ではありません。

言われたことだけをやるという意識では難しい。

創意工夫で売上を上げていく意識が必要だと感じます。

そういう意味で、ウーバーは売上が期待できるタイミングを自分なりに分析して、効率的に働くのが理想だと感じています。

ウーバーイーツで500件配達した教訓

  • 効率を意識すると結果的に稼げる
  • 東京エリアでも都心部の需要は大きい。需要が大きいエリアで稼働すべき
  • 需要が高まる日や時間帯には報酬が多くなるようになっている。それに合わせた働き方が大事

-実録ウーバーイーツ体験談

Copyright© やってみたらわかった!ウーバーイーツの週末副業で100万円稼ぐ方法 , 2021 All Rights Reserved.